アカカナリアの飼い方

どんな動物?

真っ赤な毛並みが大変美しいことで知られるのがアカカナリアです。

カナリアといえば良い鳴き声をしているということで昔からペット用に広く飼育をされてきた鳥です。

アカカナリアはそんなカナリアに野生種であるショウジョウヒワという鳥を交配させて独自の毛並みの色になるように品種改良したものです。

中でも高く取引をされているのが無覆と言われる羽の先まで真っ赤になっているタイプで、羽の先に白身が残っているタイプの有覆とは区別されています。

ひな鳥の頃はオレンジ色の毛並みをしていることが多いですが、そこに羽の色を鮮やかにする餌を重点的に与えていくことにより成鳥となったときに輝くような美しい赤さを身につけることができます。

アカカナリアに近い品種として黄色みを帯びたカナリアであるレモンカナリアというものもいます。

主な食料と生活環境

カナリアという鳥がペットにされるようになった歴史は大変古く、そのため飼育の方法についてはかなり研究が進められています。

カナリアはさえずり声の美しさの他に空気の変化に敏感であるということでもよく知られます。

そのためアカカナリアも室内の空気の汚れには大変に敏感で、ちょっと悪い空気が入ってくることですぐに体調を崩してしまったりします。

ですので飼育をするときにはこまめに清掃をしてあげるとともに、周囲の環境には十分に配慮をしてあげなくてはいけません。

先に説明した羽の色を美しくするための餌はカナリアを扱うショップに行けば手に入れることができるので、できればそうしたものを利用することをおすすめします。

ペット用鳥としてはあまり人になつくことはないようで、文鳥などのように手乗りにするというのはかなり小さいうちから丁寧にしつけないと難しいでしょう。

About

Categories: