ブンチョウの飼い方

どんな動物?

文鳥(ブンチョウ)は人慣れしやすいことで人気のあるペット用の鳥です。

ブンチョウといえば白い羽根とピンク色のくちばしが特徴的な小さな鳥ですが、品種によっては白以外にも桜色やシルバー、シナモンなどいくつかのバリエーションがあります。

人気のある鳥なので品種改良も進められており、珍しい色をしたタイプもペットショップでは見かけることができます。

ひな鳥の頃に買って少しずつ慣らしていくことで成鳥になる頃にはすっかり人に慣れて、よびかけるとちょこちょこと指先に乗ってきたり鳴き声を聞かせてくれたりします。

他の鳥類はなかなかコミュニケーションを取りづらいので、人懐こくておとなしいブンチョウはペット初心者にもおすすめです。

主な食料と生活環境

ブンチョウを飼育するときには一般的に販売されてえいる鳥かごを使います。

ブンチョウはあまり大きい鳥ではないので、中型くらいのサイズがあれば十分ではないかと思います。

おすすめなのが手乗り鳥のために作られたタイプのケージで、出入り口のサイズが大きく人が手を入れてブンチョウを出すということもできやすくなっています。

ただし注意したいのがブンチョウは体のサイズは小さいですが餌を食べるときにあちこちに散らかすクセがあるので、周囲に家具が置かれていたりすると汚れや臭いがついてしまうおそれがあります。

カゴを置く場所としては風通しがよくほどよく日光が届く明るい場所がおすすめです。

直射日光やエアコンなどからの空調が直接当たることがないように壁や日影も上手に作ってあげてください。

About

Categories: