中型犬の飼い方

中型犬とは

犬をペットとして飼いたいという方は多いですが、犬にも種類がたくさんあります。
大きく分けると小型、中型、大型に分かれますが、この中で中型犬は13キロほどから27キロほどの体重の、比較的大きなサイズの犬を指します。
程よい大きさで大きすぎず小さすぎず、可愛い雰囲気のある犬が多くなっています。
年齢の高くなった方でも接しやすく、世話もしやすいので、多くの方が飼いやすい犬と言えます。

大型犬は大きさがあるので、その分飼うのにコストもかかりやすくなります。
エサもかなり食べるので、その費用も大きくなりますが、中型犬なら比較的低コストで抑える事ができます。
もちろん小型犬に比べれば食欲や食べる量などは旺盛ですが、それでもあまりコスト的には高くなりにくいというメリットがあります。

中型犬は家の中でも外でも育てる事ができます。
両方にメリットとデメリットがあり、家の中で飼う場合は家族の一員としてよりコミュニケーションが取りやすく、常に遊ぶ事ができます。
デメリットとしては衛生面では犬の毛などが落ちたり、排泄物の処理などもきちんと行なう必要があるので注意が必要です。
特に子どもがいる方などは、子どもへの影響なども考えて家の中で飼うかを検討すると良いでしょう。

家の外で飼う場合は好きなように遊ばせる事ができます。
きちんと環境を用意してあげれば犬もリラックスしやすくなりますが、吠えて周辺の方に迷惑をかけてしまう可能性があります。
しつけをしっかりとして、行儀の良い子にしつけていく事も大切です。
このように両方でポイントがあるので、あなたに合う方で飼っていくと良いでしょう。

中型犬のエサについて

中型犬のエサは基本的にはドッグフードがお勧めです。
ペットショップに行くと多くの種類が販売されていますが、犬種や中型犬向けといった記載がされているので、そうした物の中から合う物を選んで与えていきましょう。

エサを与える量はドッグフードのパッケージに記載がある事が多いので、まずはそれを目安にして与えていくと良いでしょう。
ただし冬場などは特にエネルギーも多く消費し、その分エサもよく食べるようになります。
バランスを考えて与えるようにしていくと、犬も満足のいく食事をする事ができます。

しつけについて

中型犬を飼う際に大切になるのがしつけです。
犬はしつけをしないと元気なので、人に飛びかかってしまったり、危ない道路状況の中で走り回ってしまったり、大きな声をあげたりといった行動をしてしまいがちです。
こうした事は買い主としてしつけをしていく事で改善していく事ができます。
最初は中々言う事を聞いてくれないかもしれませんが、何度も繰り返し行なう事で習得していきますので根気づよく身につけさせていきましょう。

About

Categories: