カメの飼い方

甲羅が可愛い雰囲気の生き物

カメはペットとして飼う方も比較的多い生き物です。
大きな甲羅が特徴的で、首を時々甲羅に引っ込める姿がユーモラスな雰囲気の生き物です。
ペットショップなどで購入する方もいますし、時々近所の川などで発見してそのまま飼うという方もいます。
カメは飼育も比較的しやすい生き物ですが、飼育の際のポイントを押さえながら飼う事でより元気に育てる事ができます。

カメの飼育のポイントは日光

カメの飼育のポイントは、まずは日光浴をさせる事が大切です。
カメは外で普段活動をしていますが、体温を一定に保つという機能が体に備わっていないという性質があります。
そのため、色々な場所に移動して環境の気温を利用して体温の調節をしています。
日光浴も体温調節の一つの手段で、太陽の光を浴びる事でカメは体温を上げようとします。

また、それだけでなく日光浴は体調を整える効果も持っています。
体温が上がると人と同じようにカメも体の代謝が上がります。
代謝は血流が良くなる事を指しますが、代謝が上がる事でカメも活動的になり、動き回ったり食欲が湧いてきたり、食べた物をしっかりと消化できます。
カメを飼う際には定期的に日光に当たらせるようにすると良いでしょう。
長時間当てていると乾燥しすぎてしまうため、暑い時期には気をつける必要があります。
水をかけながら当てていくのも良いでしょう。

また、日光浴で甲羅干しをする事もあります。
日光には殺菌作用があるため甲羅の水分などによる最近などの繁殖やカメの皮膚の病気を防いだりする効果があります。

その他の飼育のポイント

その他の飼育のポイントとしてはカメを室内で飼育する場合は外の環境と同じ環境を人工的に作り出す必要があります。
これには太陽光にも含まれている紫外線を含んだライトとバスキングライトと呼ばれるライトを当てて日光に近い光を作り出し、水温をヒーターで一定に保つようにします。
これで外と同じ環境を作る事ができ、快適に生活する事ができるようになります。

水はなるべく毎日交換する事をお勧めします。
なるべくきれいな水をカメは好むので、定期的に交換してあげる事で元気な状態を保つ事ができます。
特にカメは他の動物よりも糞なども多い傾向があります。
そのため一日でもすぐに水が汚れてしまいます。
細菌なども繁殖しやすくなるので、なるべくこまめに交換していきましょう。

このようなポイントを押さえてカメを飼育していくと、長く元気に育てていく事ができます。
また、カメは川などで捕まえる事もできますが、ペットショップなどで購入する場合は最近は高くなってきています。
中には数万円以上するものもあるので、購入で検討している方はペットショップの方とも良く相談をしてから購入することをお勧めします。

About

Categories: 爬虫類