トカゲの飼い方

冬眠に注意

トカゲを飼う際に気をつけたいのが冬眠です。
冬眠は冬の間は睡眠を取ってその期間を過ごす事を指しますが、トカゲも冬眠をする習慣があります。
冬眠をするのは良いのですが、そのまま眠りから戻らず、死んでしまうトカゲもいるのです。
そのためトカゲを飼う際には冬は注意が必要です。
なるべく環境を暖かく保てばトカゲも冬眠に入らないので、ヒーターなどで気温を一定に保っておくのもお勧めです。
最近はペットショップなどで小型のパネルヒーターが市販されているので、そうしたものをケースの中に入れておく事で温度を一定に保てます。
保つ温度は高すぎると逆にトカゲの体調も悪くなりやすくなります。
そのため適度な温度を保つ必要があります。
20度ほどが適温と言われているので、設定してトカゲに快適な環境を作ってあげるようにしましょう。

ケースの環境作り

また、ケースの中の環境作りも大切です。
基本的には透明なケースの中に砂を入れてあげれば大丈夫です。
砂の質にこだわる必要のある生き物もいますが、トカゲは比較的どんな砂にも適応できる性質を持っているため、庭などの砂を入れてあげれば大丈夫です。
ケースもそれほど大きいサイズの物である必要はありません。
トカゲ自体もサイズ的にはあまり大きくはないので、約30センチのケースを用意すればまずは良いと言えるでしょう。

また、気をつけたいのが夜間です。
夜間は気温も下がりやすく、パネルヒーターで温度管理をしていないとトカゲにとっては過ごしにくい環境に知らず知らずのうちになっている事があります。
そのためなるべく気を付けるようにし、最初のうちは夜も温度を少しチェックしておくと良いでしょう。
夜も過ごしやすい環境を作ってあげる事でトカゲも長生きしやすくなります。

夏場はかなり暑くなるので、逆に涼しい環境を保つのが大切になります。
なるべく日陰や風通しの良い所にケースを置いて、快適な環境を作りましょう。
水をスプレーのようなものでケースの中に吹きかけてあげるとトカゲも涼しく、気持ち良く過ごしてくれます。

水やエサについて

トカゲは水もよく飲みます。
なるべくこまめに水もあげて、トカゲが水分補給をしっかりできるように世話をしていきましょう。
また、トカゲのエサが何なのか迷う方もいますが、これはミルワームがお勧めです。
ペットショップなどで販売されているので、用意してこちらも定期的に与えてあげます。
たくさん食べますがあまりあげすぎると逆に良くない事もあるので、適量を与えていくようにしましょう。

このようなポイントがトカゲの飼育にはあるので、これから飼育を検討している方はぜひ参考にして、トカゲを元気に育てていって欲しいと思います。

About

Categories: 爬虫類