カクレクマノミの飼い方

美しく熱帯魚の代表のようなカクレクマノミ

カクレクマノミは、有名な映画の主人公にもなったことで一躍世界中で知られるようになった熱帯魚です。
美しいオレンジと白、黒のコントラストがいかにも南国の熱帯魚という印象を与えて、日本でも人気のある種類となっています。
体長は10センチほどに成長して、その目立つ配色とともに、水槽の中で主役を張れるようなインパクトを与えます。

また、カクレクマノミは性格が穏やかで他の熱帯魚を脅かすこともありませんし、適応能力が高く他の種類と一緒に過ごすのも容易というのもメリットの一つです。
熱帯魚を飼う時には、大小さまざまないくつもの種類の熱帯魚を飼う方が楽しいですし、見た目にも美しいので、カクレクマノミのような種類はとても重宝します。

ある程度余裕のある大きさの水槽を用意する

カクレクマノミを飼いたいと思うのであれば、それに見合ったサイズの水槽を準備することから始めましょう。
何匹飼うかによって異なりますので、最初にどのくらいの規模にしたいのかを考えると良いでしょう。

目安としては、2匹だけ飼うのであれば30センチの水槽で十分ですが、4匹飼うのであれば45センチの規格水槽、5、6匹にするのであれば60センチ以上の水槽はほしいところです。
ある程度余裕のあるサイズの水槽を用意しないと、すぐに水質が悪くなってしまって、病気になりやすくなったりストレスを溜めやすくなったりしますので、少し大きめのものがベストです。

また、カクレクマノミを単体で飼うのも良いですが、他の種類と一緒に飼った方が見た目もかなり違いますし、飼う楽しみも
増します。
こうしたことも考えると、必要とされる最低限のサイズよりは大きめの水槽を選ぶ方が、後々賢い選択だなと思うはずです。

温度と水質に注意すればそれほど難しくないカクレクマノミの飼育

カクレクマノミの飼育は全体的にそれほど難しくないので、初心者でも安心して飼うことができるでしょう。
注意すべきポイントとしては、温度管理をしっかりとすることと、水質に注意することです。

温度は26度から30度ほどが適温となっていますので、ヒーターでしっかりと保温するとともに、夏場水温が高くなるようであれば冷却ファンの用意をしてあげることが欠かせません。
また、カクレクマノミは海水魚ですので、海水を用意する必要があり、天然海水か濃度を調整して人工海水を作ることが求められます。
人工海水を作るのは濃度の調整などで面倒だったり、不安に思ったりすることがありますので、熱帯魚ショップで調整済みのものを購入するか、天然海水を入手する方が良いケースもあります。

カクレクマノミは飼いやすく、見た目も良い熱帯魚の代表のような種類です。
健康には注意をして楽しんで飼うようにしましょう。

About

Categories: 観賞魚