イモリの飼い方

イモリの飼育方法

比較的初心者の方でも飼育しやすいのがイモリです。
イモリは水辺でも生活しますが、時々陸地にも上がってくる生き物です。
そうした習性を理解して育てていくのが元気にイモリを長生きさせるポイントになります。

イモリが生活する水辺は汚れやすいので、定期的に水も入れ替えるのが大切です。
特に糞などをして汚れてしまう事があるので、そこから菌などが繁殖して環境が悪化する事も多いです。
できれば毎日取り替えるようにしていくと、イモリも元気に過ごせます。
新しい水はイモリもストレスを感じやすいのではという質問が出る事もありますが、汚れた水を放置しておく方がストレスになりやすいです。
イモリも汚れた環境には反応してストレスを感じるので、きれいな水で過ごす事ができる方がリラックスしてくれます。

温度調節が大切

イモリの主な生活場所である水辺は、温度調節が大切になります。
28度より下ならイモリは元気に生活できるので、28度を上回らないように管理していきましょう。
特に夏場はとても暑くなりやすく、知らないうちに28度を超えてしまっているという事が起こりがちです。
イモリにもかなり大きな負担がかかってしまうので、なるべく涼しく、風通しも良い場所で育てていくと良いでしょう。

また、涼しい秋や寒い冬などは逆に下がりすぎる事も多いので、こうした時はパネルヒーターを利用するのがお勧めです。
ケースの中に入れられて温度調節ができるヒーターがペットショップなどで販売されているので、そうした物を用意する事でイモリにも快適な環境を用意する事ができます。
イモリは比較的丈夫な生き物で、28度というある程度高めの気温でも生活する事ができますが、より快適に過ごせるように配慮してあげるとその分長生きもしてくれるようになります。

また、水を入れ替える時には今入っている水の温度差にも気を付ける必要があります。
暖かい28度の水で過ごしている所に、いきなり冷たい水を入れるとイモリもびっくりしてしまいます。
そのためなるべく水温は同じくらいの温度にするようにしてから入れると良いでしょう。
こうした一手間がイモリを長生きさせるポイントになります。

イモリのエサについて

エサはイモリは比較的何でも食べるので、野菜などでも良いですが、赤虫が比較的よく食べるので、ペットショップなどで購入して与えるのもお勧めです。
他にも人工のイモリ用のエサなども合わせてペットショップで購入できるので、そちらもお勧めです。

こうしたポイントを押さえて育てていけばイモリも元気に過ごしてくれます。
飼っている方の中には8年も生きているという例もあるので、きちんと世話をしていけば長く一緒に生活する事ができます。

About

Categories: 両生類