サルの飼い方

ペットとしても飼育できるサル

サルもペットとして飼う事ができます。
賢い動物で人間に似た所もあるサルはその愛嬌が可愛い動物です。
また、サルにも様々な種類があり、コモンマーモセットやリスザル、フサオマキザルなどの種類があります。
それぞれに見た目や習性なども違いますが、共通する点もあるので、まずはサルの飼育方法の基本のポイントを押さえて飼う事をお勧めします。

また、サルは学習能力が高いので、段々とコミュニケーションが取れるようになりなついてくると、買い主であるあなたをとても慕ってくれるようになります。
その様子がとても可愛く、まさに家族として欠かせない存在として飼っている方も多いです。

サルの飼育方法

サルの飼育方法の基本としては、まずは温度を暖かく保つという事です。
サルは比較的寒さに弱いという性質があります。
そのため飼う時にはなるべく温度を保つようにして飼う事をお勧めします。
部屋の温度調節を行なったり、ヒーターなどを利用して温度を保っていきます。
冬は特に寒く、サルの体にとっては大きな負担になる事もあります。
そのためなるべくこまめに気をつけながら面倒を見ていくと良いでしょう。

また、サルは大きさも比較的ある動物なのでサルに入ってもらうケージも大きめの物を用意するのがお勧めです。
大きめのサイズならサルもあまり窮屈さを感じる事なく過ごしてくれます。
ケージの中にパネルヒーターなどを入れて温度を保つ方法もありますし、家の中にケージを置いて飼育する時にはエアコンで管理していくのも良いでしょう。

サルは元気でいたずら好きという習性があります。
ケージを開けた瞬間に上手く出ていくという事も時にはあるので、なるべく注意しながらケージを開けるなどしていきましょう。
また、小さな小物やメガネなどをしている方はサルが取っていく事もあります。
いたずらとして多めに見てあげて、きちんと買い主という事を分かってもらい、いたずらもほどほどにしてもらうようにしましょう。

トイレも注意

また、サルは賢い生き物ですが、しつけがあまり上手くいきにくい事もあります。
その時に困るのがトイレです。
ケージの中で色々な所にトイレをしてしまう事があるので、なるべくこまめにきれいにして清潔に保っていきましょう。
そのまま放置してしまうと衛生的にも良くなく、サルの体調にも影響を与える可能性があります。
もしサルが病気にかかってしまった場合ですが、動物病院の中でもサルを診てくれる病院は少なめなので、事前に確認しておくのもお勧めです。

エサはサル向けのエサがペットショップで販売されているのでそれをあげていきましょう。

以上のようなポイントを気をつけていくと、サルも元気に育てていきやすくなります。

About

Categories: 小動物